色々な手法を修得することで初めて可能な抜歯即時植立審美インプラント治療

抜歯即時植立インプラント治療が、1回の手術で終わらせられると言うことで、非常に良い治療方法で、出来ますしています、と言う医院が増えています。

しかし、本当に?と言うのが私の素直な感想です。

何故なら、これらのことを完璧に行えるには浸潤麻酔から始まって抜歯の術式、抜歯後の病巣の処理の仕方、骨の扱い、インプラントホールの形成、軟組織歯茎の扱い、インプラント植立を強固に得ること、審美的な仮歯の処理、と非常に難しい課題が幾つもあるからです。

言葉で書けば、シンプルですが、行うに当たっては一つ一つ全てが非常に難しい、全てを完璧に行えないと達成出来ないものなのです。

それが、本当に出来るインプラント医がそんなに沢山いるのだろうか?と言うのが私の抱く素直な疑問です。

生意気な言い方になりますが、私はこれらを一つ一つ解決する実力を身に着けて、経験も沢山積んだ上で、自分は抜歯即時植立審美インプラント治療が出来ます、と明言しています。

患者さんは、その辺の所をチャンと先生に確認して、インプラント治療した方が良いと思います。

生涯に1度きりのインプラントでチャンと治して欲しいのでしたら、その辺の所は譲ってはいけません。

抜歯即時植立審美インプラント治療は、誰にでも易々と出来るものでは決してありません。

本当にチャンと出来る先生を探すようにお願いします。

 

 

 

即時荷重インプラント、低侵襲外科手術がもたらす素晴らしい未来

即時荷重インプラント治療は、手術した日から綺麗な歯があって、食事することが出来て、と言う利点が強調されます。

しかし、それだけではないのです。

即時荷重インプラントは、手術したその日から綺麗な歯があることでの、患者さんの気持、心が明るくなる、それまで救われなかった気持ちが一掃される、人生がその時から全く切り替わる、と言うことにこそあるのです。

私は、患者さんにお願いしています。

たった1日で、1回の手術で、悩み抜いていた歯が解決し、周囲の方が綺麗になったわね、と喜んで下さる歯が入る、その姿を想像して下さい、と。

それまでは、動き回り痛くて仕方がない義歯で悩まされていたり、グラグラの歯を抱え安心して噛めない、何時かボロボロと抜け落ちて、見られない顔に成ってしまうんじゃないかと言う恐怖、虫歯が深刻で痛くて噛めないし見た目も恥ずかしくて大口開けて笑えない、そう言う悩みから一気に解放されるのです。

しかも、当院の治療では歯茎、骨へのメインテナンスも充実していますから、長く安定して安心して使えるのです。

しかも、私の手術は最低侵襲を最大の特徴としており、日本では最も早く取り入れ改善改良して実績を積み重ねて来ているものです。

なので、私の手術では、患者さんが苦しまれる、腫れたり痛んだりして大変な思いをする、何てことは一切ありません。

最低侵襲を自ら言っている位ですから、海外国内ありとあらゆるセミナー、学会に出ていますが、私の方法よりも低侵襲な外科手術は見たことがありません。

そう言うとても楽な外科手術で、即時荷重インプラントで綺麗な歯が直ぐ入るのです。

経験された患者さんは、もっと早く治療すれば良かった、と一様に言って下さっています。

即時荷重、低侵襲外科手術が、患者さんの人生を一気に劇的に変え、長く安定させるのです。

 

医師よ驕るなかれ!何も分かっちゃいないのはそっちだ!

医師の殆どは不勉強だ。

彼らは、患者さんの人生のQOL、ADLを向上、維持させることに余りにも関心が低いのじゃないか?

そうとしか思えない無知な医者がいる。

例えば、患者さんが心臓のバイパス手術をするから、歯周病とか虫歯菌の危険性が高いから、残っている歯は全部抜歯しろ、と命令して来る馬鹿者がいる。

嘘のような話だが、本当に起きている。

全部の歯を一気に抜歯なんかしたら、感染症の問題が心配になるし、心臓の外科するなら余計に問題を多くくするだけだろう。

ましてや、心臓外科手術するのに、一気に全部抜歯したら、歯周病菌とかが血液を介して全身に巡り危なくなるではないか。

そう言う発想とか考え方が全くないのだ。

不勉強と言わずして、このような愚挙を何と言う。

その後、心臓が良くなったとしても、その患者さんは総義歯になる。

歯があった時と比較したら、比較に成らない位QOLは低下するだろう。

食べる楽しみ、歯がある楽しみを何故簡単に奪う。

歯周病、虫歯、チャンと治療すれば良いだけの話だ。

そうすれば、唾液には自然免疫力があるから、体の方に問題を起こさせはしないだろう。

歯を全部抜く、何て言う暴行に近いことは、する必要が全くないのだ。

医者よ、もっとちゃんと歯周病とか虫歯のことを学べ!

何も分かっていないのはそちらだ!

インプラントの治療費に付いて、うちで治療する場合

インプラントが広まって、国内全体で1年で60万本も植立されているようです。

これだけ広まってくると、患者さんは何処が良いのか分からないから、値段で決めてしまう、と言う傾向になってしまします。

全く同じ商品だけを買うんだったら、三越で買おうとドンキホーテで買おうと、同じものですから良いでしょう。

しかし、インプラント治療では、インプラントは使用医療材料、と言うだけで、それを用いる歯医者の違いによって、全く違う結果になってしまいます。

更には、良い品揃えをしていて、万が一何かがあった時にも対応出来る準備を整え、医療器具例えば被曝量の最少の歯科用CTとか、外国でしか手に入らない特別な器具機材とか、優秀なスタッフを抱える為にセミナーに行かせていたり、これがあった方が良いと言う器具機材も十分に揃えていたら、その分コストはかなり掛かります。

又、勿論歯医者自身も勉強に行かないといけませんから、そのコストもかなり掛かって来ます。

歯医者のセミナーは、年間だったら150万以上とか、土日2日間でも10万以上とかが当たり前の世界なんです。

患者さん達はそう言う実態をご存じないから、ただ値段だけで見てしまうのでしょうが、そのバックボーンまで考えて、納得出来る歯医者の先生を探されるべきでしょう。

 

うちの場合は1本のインプラントを治療するのに、標準で再生療法5万まで含んでと45万位、インプラントだけでなら40万になっています。

これには、上記のコストが掛かることと、更にはうちで手術すれば1回の手術で済んでしまって治して差し上げられること、治療期間が他と比べたら半分以下とかで早いとか、の理由があります。

言うなれば、飛行機、新幹線で移動するなら、それなりにお金が掛かる訳ですが、鈍行電車乗り継いで行けば、必ず着けることは着けるけれど、その分時間が掛かり体力的にも大変で、でも費用は安い、となる訳です。

ここで代表的例としては、夜行の高速バスとかが例として出るんですが、そういう所で無理をすると重大な事故に繋がることは先日の事故で判明してしまいました。

その他にも、費用を抑えてと言うものの事故としてはレーシックの事件とか、ミートホープの事件とか、古くなりますが姉歯建設のマンションの事件とか記憶に残られてているんじゃないでしょうか。

 

車の例で言えば、普通のカローラも最高級ベンツも車としては同じで、走るものですが、ベンツならそれなりの値段で仕方がない、と皆が納得しているのではないでしょうか。

インプラント手術する歯医者の場合でも、駆け出しの歯医者と大ベテランで世界にも出ている歯医者ではランク付けが違い、当然値段も違ってくるものなのです。

その代りと言ってはなんですが、駆け出しの歯医者では上手く行くのかどうかが心配でしょうし、大ベテランなら安心出来るでしょう。

生命保険とかと同じ、いやそれよりも、お寺や神社でのお焚き上げ、祈祷をしていただくのと同じもので、それなりの金額の差を皆さん納得してされているんではないでしょうか。

 

うちは、普通の歯医者の3倍以上の器具機材、それも質の良いものでかなり揃えていますし、歯科用CTでも世界最高のモリタの3DXで画像は綺麗だし、被曝量は医科用のCTの7分の1以下と言う凄いものを入れていますし、私が世界で一番最初に購入した10倍のライト付き拡大鏡を常時使用していますし、見学に来たDRがここ辞めたらうちに来てよ、と隠れてヘッドハンティングされる位の優秀なスタッフを抱えています。

でも、うちのスタッフは、自慢ですが、私の所止めたら他の所の治療が怖くてと漏らす位なので、全く安心しているんですが。

そして、毎回毎回きっちりと患者さんの口腔内のプラークを除去してからでないと処置に決して入らないので、通常こう言うのは自費扱いで安い医院でも5000円掛かっているものが、うちでは治療中は自費治療に組み込まれています。

大学病院に残っている先生が見学に来て、大学よりも全然凄い、と感嘆される位の、質・量共に最高の備えをしています。

それでも値段は都内の標準レベル、にギリギリ抑えています。

これだけの設備、人材を備えて、山の手とかでしたら60万位の金額になるであろうものを、下町価格の40万に抑えている、と言うのが真実です。

 

コストを削れるだけ削れば、安い値段に出来るのかも知れませんが、その分のシワ寄せが何処に行くんでしょう?

私は、早く楽に綺麗に1回の手術で治す、と言う世界最高のインプラント治療を提供している、と自負しています。

他と比較していただければ、直ぐに分かります。

他なら、何回もの手術になるとか、治療期間も1年半以上掛かるとかが普通です。

それが1回だけの手術で治療期間が3か月も掛からないでセラミックの歯が入ってしまうんです。

時間と体の負担とインプラントの治療に何度も通わなければならないと言う手間の掛かることを考えれば、圧倒的な実績を誇っています。

更には、メインテナンスでも超ベテランスタッフによる素晴らしいメインテナンスで、安心快適な状態が長く維持されます。

 

それでも、治療費だけは標準です。

 

カローラの費用で治療内容は最高級ベンツ以上の完全オーダーメイド、それが私の提供しているインプラント治療です。

コストパフォーマンスで考えていただければ、これ以上のものはない、と断言出来ます。

早く答えが出るのが即時荷重インプラント治療の利点です。

私は即時荷重インプラント治療を始めて12年以上になります。

即時荷重インプラント治療始めて、これは最大の利点だな、と思うのは、セラミック冠の装着時期をいち早く判定出来ることです。

何故かと言うと、即時荷重していますから、最初から歯があるんです。

それを横から軽く叩いて、その反動で診査するぺリオテストと言う機械で、測定して判定出来るのです。

一般的な即時荷重出来ない治療方法では、インプラントがどれだけくっ付いているのか判定する手段がありません。

判定しようとすると、歯茎を切り開いたりして調べないといけないのです。

そうなると、何回も切ったり開いたり出来ないので、これだけ待ったら大丈夫な筈と言う時期までひたすら待つしかありません。

本当なら、もっと早く他の治療方法でも次の施術に移れるかもしれないのに、それが出来ないのが一般的な手術の方法の泣き所になります。

即時荷重していれば、歯があることでその問題が解決出来ます。

私の治療が早く終了するのも、即時荷重していて、時期を早く判定出来る、と言う理由も関わっているのかも知れません。

私は個人的経験から、インプラントの安定が得られたら、早い時期にセラミックにしてしまった方が良いと考えています。

それは、歯茎の治癒促進をさらに促すことが出来るからです。

セラミックは表面性状が非常に綺麗でプラークの付着を避けることが出来ます。

仮歯の材質で用いられるプラスチックの材質に比較したら雲泥の差です。

こう言うことも、即時荷重していてその治癒の経過を観察し続けて来た私だからこそ言えることです。

やはり、即時荷重は早く治すのに適している治療方法である、と確信しています。

但し、非常にハイレベルな治療方法ですので、私自身が身を粉にして正しく普及しなければ、と覚悟しています。

本当に成功する即時荷重インプラント治療、サムライインプラント法。

真実のインプラントのKMインプラントセンター松元教貢歯科医院。

本当の本物を世界に広めます!