mgenchan について

真に患者さんに役立つインプラントの世界レベルでの本物の情報を紹介します。自身の臨床の向上に今も燃えています。世界のインプラント治療に根底から革命を起こすぞ!インプラントの専門書著者です!
色々な手法を修得することで初めて可能な抜歯即時植立審美インプラント治療

抜歯即時植立インプラント治療が、1回の手術で終わらせられると言うことで、非常に良い治療方法で、出来ますしています、と言う医院が増えています。

しかし、本当に?と言うのが私の素直な感想です。

何故なら、これらのことを完璧に行えるには浸潤麻酔から始まって抜歯の術式、抜歯後の病巣の処理の仕方、骨の扱い、インプラントホールの形成、軟組織歯茎の扱い、インプラント植立を強固に得ること、審美的な仮歯の処理、と非常に難しい課題が幾つもあるからです。

言葉で書けば、シンプルですが、行うに当たっては一つ一つ全てが非常に難しい、全てを完璧に行えないと達成出来ないものなのです。

それが、本当に出来るインプラント医がそんなに沢山いるのだろうか?と言うのが私の抱く素直な疑問です。

生意気な言い方になりますが、私はこれらを一つ一つ解決する実力を身に着けて、経験も沢山積んだ上で、自分は抜歯即時植立審美インプラント治療が出来ます、と明言しています。

患者さんは、その辺の所をチャンと先生に確認して、インプラント治療した方が良いと思います。

生涯に1度きりのインプラントでチャンと治して欲しいのでしたら、その辺の所は譲ってはいけません。

抜歯即時植立審美インプラント治療は、誰にでも易々と出来るものでは決してありません。

本当にチャンと出来る先生を探すようにお願いします。

 

 

 

即時荷重インプラント、低侵襲外科手術がもたらす素晴らしい未来

即時荷重インプラント治療は、手術した日から綺麗な歯があって、食事することが出来て、と言う利点が強調されます。

しかし、それだけではないのです。

即時荷重インプラントは、手術したその日から綺麗な歯があることでの、患者さんの気持、心が明るくなる、それまで救われなかった気持ちが一掃される、人生がその時から全く切り替わる、と言うことにこそあるのです。

私は、患者さんにお願いしています。

たった1日で、1回の手術で、悩み抜いていた歯が解決し、周囲の方が綺麗になったわね、と喜んで下さる歯が入る、その姿を想像して下さい、と。

それまでは、動き回り痛くて仕方がない義歯で悩まされていたり、グラグラの歯を抱え安心して噛めない、何時かボロボロと抜け落ちて、見られない顔に成ってしまうんじゃないかと言う恐怖、虫歯が深刻で痛くて噛めないし見た目も恥ずかしくて大口開けて笑えない、そう言う悩みから一気に解放されるのです。

しかも、当院の治療では歯茎、骨へのメインテナンスも充実していますから、長く安定して安心して使えるのです。

しかも、私の手術は最低侵襲を最大の特徴としており、日本では最も早く取り入れ改善改良して実績を積み重ねて来ているものです。

なので、私の手術では、患者さんが苦しまれる、腫れたり痛んだりして大変な思いをする、何てことは一切ありません。

最低侵襲を自ら言っている位ですから、海外国内ありとあらゆるセミナー、学会に出ていますが、私の方法よりも低侵襲な外科手術は見たことがありません。

そう言うとても楽な外科手術で、即時荷重インプラントで綺麗な歯が直ぐ入るのです。

経験された患者さんは、もっと早く治療すれば良かった、と一様に言って下さっています。

即時荷重、低侵襲外科手術が、患者さんの人生を一気に劇的に変え、長く安定させるのです。

 

医師よ驕るなかれ!何も分かっちゃいないのはそっちだ!

医師の殆どは不勉強だ。

彼らは、患者さんの人生のQOL、ADLを向上、維持させることに余りにも関心が低いのじゃないか?

そうとしか思えない無知な医者がいる。

例えば、患者さんが心臓のバイパス手術をするから、歯周病とか虫歯菌の危険性が高いから、残っている歯は全部抜歯しろ、と命令して来る馬鹿者がいる。

嘘のような話だが、本当に起きている。

全部の歯を一気に抜歯なんかしたら、感染症の問題が心配になるし、心臓の外科するなら余計に問題を多くくするだけだろう。

ましてや、心臓外科手術するのに、一気に全部抜歯したら、歯周病菌とかが血液を介して全身に巡り危なくなるではないか。

そう言う発想とか考え方が全くないのだ。

不勉強と言わずして、このような愚挙を何と言う。

その後、心臓が良くなったとしても、その患者さんは総義歯になる。

歯があった時と比較したら、比較に成らない位QOLは低下するだろう。

食べる楽しみ、歯がある楽しみを何故簡単に奪う。

歯周病、虫歯、チャンと治療すれば良いだけの話だ。

そうすれば、唾液には自然免疫力があるから、体の方に問題を起こさせはしないだろう。

歯を全部抜く、何て言う暴行に近いことは、する必要が全くないのだ。

医者よ、もっとちゃんと歯周病とか虫歯のことを学べ!

何も分かっていないのはそちらだ!

インプラントの治療費に付いて、うちで治療する場合

インプラントが広まって、国内全体で1年で60万本も植立されているようです。

これだけ広まってくると、患者さんは何処が良いのか分からないから、値段で決めてしまう、と言う傾向になってしまします。

全く同じ商品だけを買うんだったら、三越で買おうとドンキホーテで買おうと、同じものですから良いでしょう。

しかし、インプラント治療では、インプラントは使用医療材料、と言うだけで、それを用いる歯医者の違いによって、全く違う結果になってしまいます。

更には、良い品揃えをしていて、万が一何かがあった時にも対応出来る準備を整え、医療器具例えば被曝量の最少の歯科用CTとか、外国でしか手に入らない特別な器具機材とか、優秀なスタッフを抱える為にセミナーに行かせていたり、これがあった方が良いと言う器具機材も十分に揃えていたら、その分コストはかなり掛かります。

又、勿論歯医者自身も勉強に行かないといけませんから、そのコストもかなり掛かって来ます。

歯医者のセミナーは、年間だったら150万以上とか、土日2日間でも10万以上とかが当たり前の世界なんです。

患者さん達はそう言う実態をご存じないから、ただ値段だけで見てしまうのでしょうが、そのバックボーンまで考えて、納得出来る歯医者の先生を探されるべきでしょう。

 

うちの場合は1本のインプラントを治療するのに、標準で再生療法5万まで含んでと45万位、インプラントだけでなら40万になっています。

これには、上記のコストが掛かることと、更にはうちで手術すれば1回の手術で済んでしまって治して差し上げられること、治療期間が他と比べたら半分以下とかで早いとか、の理由があります。

言うなれば、飛行機、新幹線で移動するなら、それなりにお金が掛かる訳ですが、鈍行電車乗り継いで行けば、必ず着けることは着けるけれど、その分時間が掛かり体力的にも大変で、でも費用は安い、となる訳です。

ここで代表的例としては、夜行の高速バスとかが例として出るんですが、そういう所で無理をすると重大な事故に繋がることは先日の事故で判明してしまいました。

その他にも、費用を抑えてと言うものの事故としてはレーシックの事件とか、ミートホープの事件とか、古くなりますが姉歯建設のマンションの事件とか記憶に残られてているんじゃないでしょうか。

 

車の例で言えば、普通のカローラも最高級ベンツも車としては同じで、走るものですが、ベンツならそれなりの値段で仕方がない、と皆が納得しているのではないでしょうか。

インプラント手術する歯医者の場合でも、駆け出しの歯医者と大ベテランで世界にも出ている歯医者ではランク付けが違い、当然値段も違ってくるものなのです。

その代りと言ってはなんですが、駆け出しの歯医者では上手く行くのかどうかが心配でしょうし、大ベテランなら安心出来るでしょう。

生命保険とかと同じ、いやそれよりも、お寺や神社でのお焚き上げ、祈祷をしていただくのと同じもので、それなりの金額の差を皆さん納得してされているんではないでしょうか。

 

うちは、普通の歯医者の3倍以上の器具機材、それも質の良いものでかなり揃えていますし、歯科用CTでも世界最高のモリタの3DXで画像は綺麗だし、被曝量は医科用のCTの7分の1以下と言う凄いものを入れていますし、私が世界で一番最初に購入した10倍のライト付き拡大鏡を常時使用していますし、見学に来たDRがここ辞めたらうちに来てよ、と隠れてヘッドハンティングされる位の優秀なスタッフを抱えています。

でも、うちのスタッフは、自慢ですが、私の所止めたら他の所の治療が怖くてと漏らす位なので、全く安心しているんですが。

そして、毎回毎回きっちりと患者さんの口腔内のプラークを除去してからでないと処置に決して入らないので、通常こう言うのは自費扱いで安い医院でも5000円掛かっているものが、うちでは治療中は自費治療に組み込まれています。

大学病院に残っている先生が見学に来て、大学よりも全然凄い、と感嘆される位の、質・量共に最高の備えをしています。

それでも値段は都内の標準レベル、にギリギリ抑えています。

これだけの設備、人材を備えて、山の手とかでしたら60万位の金額になるであろうものを、下町価格の40万に抑えている、と言うのが真実です。

 

コストを削れるだけ削れば、安い値段に出来るのかも知れませんが、その分のシワ寄せが何処に行くんでしょう?

私は、早く楽に綺麗に1回の手術で治す、と言う世界最高のインプラント治療を提供している、と自負しています。

他と比較していただければ、直ぐに分かります。

他なら、何回もの手術になるとか、治療期間も1年半以上掛かるとかが普通です。

それが1回だけの手術で治療期間が3か月も掛からないでセラミックの歯が入ってしまうんです。

時間と体の負担とインプラントの治療に何度も通わなければならないと言う手間の掛かることを考えれば、圧倒的な実績を誇っています。

更には、メインテナンスでも超ベテランスタッフによる素晴らしいメインテナンスで、安心快適な状態が長く維持されます。

 

それでも、治療費だけは標準です。

 

カローラの費用で治療内容は最高級ベンツ以上の完全オーダーメイド、それが私の提供しているインプラント治療です。

コストパフォーマンスで考えていただければ、これ以上のものはない、と断言出来ます。

早く答えが出るのが即時荷重インプラント治療の利点です。

私は即時荷重インプラント治療を始めて12年以上になります。

即時荷重インプラント治療始めて、これは最大の利点だな、と思うのは、セラミック冠の装着時期をいち早く判定出来ることです。

何故かと言うと、即時荷重していますから、最初から歯があるんです。

それを横から軽く叩いて、その反動で診査するぺリオテストと言う機械で、測定して判定出来るのです。

一般的な即時荷重出来ない治療方法では、インプラントがどれだけくっ付いているのか判定する手段がありません。

判定しようとすると、歯茎を切り開いたりして調べないといけないのです。

そうなると、何回も切ったり開いたり出来ないので、これだけ待ったら大丈夫な筈と言う時期までひたすら待つしかありません。

本当なら、もっと早く他の治療方法でも次の施術に移れるかもしれないのに、それが出来ないのが一般的な手術の方法の泣き所になります。

即時荷重していれば、歯があることでその問題が解決出来ます。

私の治療が早く終了するのも、即時荷重していて、時期を早く判定出来る、と言う理由も関わっているのかも知れません。

私は個人的経験から、インプラントの安定が得られたら、早い時期にセラミックにしてしまった方が良いと考えています。

それは、歯茎の治癒促進をさらに促すことが出来るからです。

セラミックは表面性状が非常に綺麗でプラークの付着を避けることが出来ます。

仮歯の材質で用いられるプラスチックの材質に比較したら雲泥の差です。

こう言うことも、即時荷重していてその治癒の経過を観察し続けて来た私だからこそ言えることです。

やはり、即時荷重は早く治すのに適している治療方法である、と確信しています。

但し、非常にハイレベルな治療方法ですので、私自身が身を粉にして正しく普及しなければ、と覚悟しています。

本当に成功する即時荷重インプラント治療、サムライインプラント法。

真実のインプラントのKMインプラントセンター松元教貢歯科医院。

本当の本物を世界に広めます!

インプラント上部補綴物についての私の考え方、見た目も機能も満たす!

今夜は昭和歯科大学のインプラント勉強会でした。

そこで語られたのは、スクリューで行く方向へ戻っている、と言う話でした。

しかし、私は反対。

スクリュー式は、中ネジ折れのトラブルが少なくない。

補綴物の真ん中に穴が開いているから、構造的に捻じれに弱く、壊れ易い。

更には、複数インプラントでのネジ留めでは何処かだけのインプラントに力が集中し、そここが折れたり、脱落する。

だから、反対。

セメント式はそう言うトラブルとは無縁。

セメント残留の問題も、チャンとやれる方法知っていれば大丈夫。

何よりも、歯冠に穴がないから綺麗。

機能的にも力を受け止める耐久性に優れている。

何で、ネジで留めるんだろう?

蓋をレジンでするのも大変だし、何本もあると頭痛くなるだろうに。

審美性も悪いし。

私には分からない?

参照:http://www.samurai-implant.com/

ツイッターmgenchanで、インプラントの本当の情報発信中です。

AIAIの学会から帰って来て、考えさせられる事が沢山あって、私なりにご注意と言うか、警告を業界に発信して置かないと拙いな、と感じてしまったので、敢えて厳しい意見を述べさせていただきました。ハッキリ言います。講師レベルまで上るには、並大抵の努力ではない、夢物語に酔ってはいけません。

3DCTが手元になければ、大きく切ってフラップ開いて施術するしか、他に方法がありません。実際の骨の状態を生で見て、3DCT画像とリンクさせて植立すれば出来るでしょうが、それでは低侵襲外科に成り得なくなってしまうのです。だから難しい。DRと患者さんは、何を何処まで望むのか?なのです

デンタルでは、立体的に把握するのがかなり難しいです。ではどうするのか?5~6mm程極細くインプラントホール形成して、3DCT撮影するしかありません。だから、解像度がモノを言います。そのまま真っ直ぐ行って良いのか、修正すべきなのか、立体的に正確に把握すれば、何方にでも出来る筈です。

PC解析が効果を発揮するのは骨の条件が良い時で、実はそれなら腕の立つDRならPC解析要らない、と言うのが実情。難しい状況になればなる程、PCに頼りたいのが頼れない、と言う構図。結果、低侵襲即時荷重出来るにはDR側の”腕”がモノを言う。それを補うにはステップ毎の確認作業しかないです

どうして誤差があるのか?それは施術するのが必ず人間だし、患者さんも人間だからです。撮影した時と全く同じ状態なのかどうか?模型と人体の誤差、型取りするDRの力量、等々諸々の誤差が入る余地がとても沢山あるのです。知れば知るほどPC解析は絵空事、絵に描いた餅に近い、と分ってしまいます。

幾ら精密に歯科用3DCTで撮影し、凄いPCで解析して計画立てても、それ通りに出来ているのかどうか?と聞かれれば、誤差がかなりある、としか答えようがないのが実情です。低侵襲即時負荷とかは誤差を殆ど許容できない事がとても多いのです。つまりピンポイントで植立するしか方法がない、のが真実

歴史、性能色々な事が詳しくなればなるほど、歯科用3DCT3DX開発は”プロジェクトX”に私には見えます。その恩恵にどれ程歯科医、患者さんは浴しているか。後は、その想いを汲んで、真に低被爆低侵襲で安全・安心な臨床を為すだけでしょう。言葉だけのPCで計画すれば大丈夫、は完全に幻想です

ブーザーに3DX認めさせたのはITIグループの飯島先生達です。飯島先生は世界で一番初めに3DX導入された凄い先生です。ブーザーが使い出している、と言う事が日本人DR達に野火のように広まり、やがて大きな変革の時代が来たのです。失礼ながら、他はその尻馬に乗っている気がして私は駄目です

新井先生の開発計画に乗ったモリタも凄いです。商業ベースに全く乗らない状態が長く続いていた筈ですが、リンデ、ブーザー等世界のDRに認めさせ、新しい時代を完全に創造して退けたのです。某日本人スタディクラブのブーザーの海外セミナーで3DXの画像見て、流石世界と言ったら実は日本製だった。

世界1の称号は3DXが今後も長く譲らないでしょう。この分野の創造者兼開発者の新井教授がまだ全然お若いですし、いまだに改良改善に余念がないそうですから。そんなもの売れるのか?と言う批判にも耳貸さず開発し、世に出した偉業は言葉に出来ない位凄い事です。開発期には自分で組み立ててたとか。

大きな声では言えないのですが、3DXはかなり売れ難くなって来ているそうです。モリタでもパノラマと一体型の方が出るそうです。しかし、その方が私には有り難い。3DXが完全にブランド化している証拠になるからです。極一部のDRしか持っていない。他の3DCTとの差別化がかなり鮮明になります

今3DXはあいも変わらず、然程値引きしないで販売してますが、他のメーカーのはかなり値引きして売っているのが実情です。何故か?同じような値段では、全く勝負にならないからです。インプラントと同じ事が起きています。値引きしてやるのは、そうしないとやって貰えないから。では、安全・安心は?

極小さい照射野で超低被爆、デンタル撮影感覚で撮影できる3DXでないと使えない、と私が納得したのは、これらの事情からです。そして、これらの全てを見抜いて、私に3DXを勧めて下さり、買う羽目にして下さった月星先生には心から感謝しています。ブレイク前に導入出来た事が、非常に有り難かった

殆どのメーカーが信頼置ける機関に測定依頼して被爆量が小さいとしていますが、北欧の研究で本当のデータがペーパーで出ています。それを見てしまうと、モリタの3DCT以外はお話に成っていません。つまり、何処のメーカーも3DXのデータ流用して被爆量小さいと説明しているに過ぎないのが実態です

そうなると、現在出回っている歯科用3DCTの殆どは、将来必ず求められる性能に完全に逆行しているのです。つまり大きく広い範囲でしか撮影できない性能ばかりを歯科医側も求めていて、1本のインプラントで無駄に全顎撮影する羽目になります。しかも、それらの機種の被爆料は医科用程度以上です。

本当にチャンと計画通りに出来ているのかどうかを確認するには、歯科用3DCTで確かめる以外に方法はないのです。と言うよりも今は、確かめられる時代になった、出たとこ勝負の世界じゃなくなった、と言う事が物凄く大きいのです。だから小照射野、低被爆でデンタル感覚でとれる3DCTでないと駄目

低侵襲即時負荷の治療は、両刃の剣と同じであり、解決出来る時は凄い威力を発揮しますが、失敗してしまうと大きな傷を負い、リカバリーするのも途轍もなく大変に成ってしまいます。では、どうしたら良いのか?簡単です。ステップ毎に確認する、確認出来る事に尽きます。では、その方法は?3DCTです

今日はAIAIの学会に参加して来ました。低侵襲でのインプラント治療と言いますが、それはピンポイントで植立する事を意味し、非常に難しいし、歯科用CT撮影してPCでシュミレーションすれば安全確実と言う事はない、と言うのが結論だと思います。つまり上手く行けば凄く効果的だが、失敗したら?

フローラルインプラントチームによるインプラントセミナーのご案内

毎年恒例のフローラルインプラントチームによるインプラントセミナー、今年も開催します!

開催日時:11月13日16:00~19:00 19:00~懇親会
        14日10:00~16:00
会場  :池袋 サンシャインシティー
参加費 :28000円(1日目の懇親会費込み) 2日目のみ参加の方は、15000円
早期割引 10月15日まで申し込みは、25000円
※13日14:00よりプレセミナー及び、症例相談あり。
お問合せTel03-3607-8244 申し込み先Fax03-3607-0334 柴又歯科医院 櫻井まで。

今回はフローラルインプラントチーム7名全員が、総力を結集してレクチャーをします。

明日から使える臨床の幅を広げるような技術からインプラントを活かす経営術まで、大好評だった昨年のセミナーに続き今年は、何と2日間、今までにないインプラントセミナーを開催いたします。

土曜日の夕方から少人数制の体験型形式で講習を受けて、夜は、懇親会をかねて講師陣を交えて、本音トークでインプラント談義。

日曜日はインプラント臨床の様々なノウハウを学べる講習会です。

このセミナーの最大の特徴は、メーカー色は廃して、本当に臨床の最前線でインプラント臨床を積み重ねて来ているベテランインプラント医7名が集って、明日からのインプラント臨床に直ぐに活かせる情報を惜しげもなく提供する所です。

私は、IDEA情報、インプラント学会情報、AAPホノルル情報等々世界の情報を自ら仕入れて来て、今後のインプラント治療とは、を語り尽くします。

勿論、随一の専門分野である即時荷重インプラント治療に付いても、解説を致します。

講師陣、内容、実習付き、懇親会込み、更にはプレセミナー付きとコストパフォーマンスは極限まで高めている、と胸を張れるものです。

業界を患者さん、歯科医の先生方の為に良くしようと言う使命の元で開催するものです。

お問合せTel03-3607-8244 申し込み先Fax03-3607-0334 柴又歯科医院 櫻井まで。

内容紹介します。

土曜日14:00~プレセミナー
私がインプラント治療成功の為に重要な基礎の基礎のお話をさせていただく予定です。ベテランの先生、経験者の先生方は症例をお持ちいただいての症例相談会をします。

   16:00~
水口先生による狭窄歯列への埋入のコツ 実習付き
7名全員と参加の先生によるカウンセリングシュミレーション
私の担当で、海外インプラント事情
インプラントの夕べ(懇親会)とことん語り合いましょう!

日曜日 学術内容
水口先生、 既存骨1~2mmでも可能なソケットリフトの仕方を動画で学ぶ
私の担当、 即時荷重をハイレベルで成功させるコツ
水口先生、 抜歯即時フラップレスで審美領域を成功させる手法
長谷川先生、効果的で臨床的な歯周内科の実際を学ぶ
金子先生、 審美治療のコツと患者さんへの勧め方

    経営術内容
櫻井先生、 インプラントの勧め方
山内先生、 インターネットを利用したインプラント患者獲得術
中野先生、 自費治療と自由治療の違いとその使い方

以上です。

お問合せTel03-3607-8244 申し込み先Fax03-3607-0334 柴又歯科医院 櫻井まで

他所では決して聞けない本当の本音のインプラントの真実の話、メーカーの顔色を伺わずに存分に語り尽くすセミナーは、ここ以外絶対にありません。

本当に臨床家の先生方に、患者さんに活かして欲しい生の情報を提供します。

患者さんでここを見られた方は、自分の担当医に行って下さい!と提案して下さい。

明日から活かせる充実のセミナー、開催します!

インプラントセミナーご案内

【Strategic approach in troubled cases】への招待状
                                   
 
                                   
                                   
講師 : ソウル大学歯科大学 外来教授 金 楨粲(キン ジョンチャン)
   

    ソウル大学歯学部・ソウル大学院卒業          
    ソウル東大門歯科開設              
    Megagen Megafix など多数のインプラント開発及び設計      
    Dentium Inplant、韓国歯科医師協会などの講師              
     
    IBD Implant の代表取締役                        
                                   
日時 : 2010年10月03日(日) 09:30~17:00 (受付09:00~)                
                                   
会場 : 東京国際フォーラムG610号室                    
   
    東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 代表電話 : 03-5221-9000    
         
                                   
定員 : 50名(先着申し込みで定員になり次第締め切りとさせて頂きます)
             
                                   
主催 : WAGD                            
                                   
共催 : MEDICAMP株式会社、IBDインプラント株式会社、デンタルソリューション株式会社          
                                   
日程 :                  
    10月03日(日) 09:30~10:00 開会 WAGD 老川 秀紀                
    10月03日(日) 10:00~11:00 上顎の骨量が少ないケース
金 楨粲              
    10月03日(日) 11:10~12:10 抜歯即時埋入 金 楨粲
               
    10月03日(日) 12:10~13:10 ランチ        
           
    10月03日(日) 13:00~14:10 Immediate placement
and immediate loading 松元 教貢        
    10月03日(日) 14:20~15:30 骨幅が少ないケース 金 楨粲              
    10月03日(日) 15:40~16:40 インプラント治療のトラブルシューティング 金 楨粲          
    10月03日(日) 16:40~17:00 質疑応答        
           
    10月03日(日) 18:00~20:00 懇親会        
           
                                   
申込方法 : 申込書にご記入後、メール又は FAX にてお申込み下さい。  
             
                                   
申込締切 : 2010年09月27日(月)                    
   
                                   
参加費 :  セミナーのみ 8,000円、 懇親会のみ 8,000円  
       
                           
                                   
支払方法 : 銀行振込又は現地支払い(現金)                  
   
                                   
お支払先 : 三井住友銀行 つくば支店 (店番:244) 普通預金 0125862
有限会社ウィルグレイト          
                                   
特典 : ご参加される方には今回限定のインプラント30%オフ、オペキット提供等様々な特典をご用意しております。      
                                   
参加企業 : IBDインプラント株式会社、UNIインプラント株式会社、HALLIM(デンタルユニット)株式会社        
    デンタルソリューション株式会社(ジルコニア技工所)、コアデンタル(技工所)              
    その他(歯科機器・歯科材料製造会社等)                
   
                                   
                                   
最後に、2010年12月11日(土)には韓国にて【デンタルツアー及びインプラントセミナー】を予定しております。        
詳細に関しましては、後日お知らせ致します。                  
     
                                   
是非、この機会をお気軽にご参加下さいますよう、お願い申し上げます。  
               
                                   
【お問い合わせ先】 有限会社ウィルグレイト 担当:崔(チェ)      
             
TEL : 029-838-0079 FAX : 029-838-0089 EMAIL : otoiawase@will-great.com  URL : http://www.will-great.com

天地神明に誓って、患者さんの為に世の為人の為に、私は信じるものを情報開示して行きます。

このブログがあなたのお役に立てれば何よりも幸いです。

KMインプラントセンター松元教貢歯科医院は、歯科医向け専門書を出版している医院であり、あなたの夢を叶える為に全力を尽くします。

ご予約、お問合せは03-3777-0044、又は kmdental21_genmatsumoto@yahoo.co.jp までお願いします。

繰り返しますが、患者さん向けにネットに書けない本音のインプラントの話、「これを読まないうちにインプラント治療は受けないで下さい」、無料特別レポートを書きました。

ご希望の方はメール、もしくは03-3775-0044まで氏名、年齢、郵便番号、住所を書き添えてご連絡下さい。

抗癌延命治療をご希望の方は、梅屋敷にある父の松元クリニック
http://www.kusuri-kensacenter-japan.com/lhl/clinic/clinic.html
へ是非ご相談下さい。

大変効果があります。

自然なお産を希望されている方は、バースハーモニー
http://www.birth-harmony.com/
へ是非ご相談下さい。

素晴らしい先生です。

素晴らしい医療機関との巡り会いは、一期一会の奇跡です。

個人的責任で、素晴らしい所は紹介致します。

ご縁がありましたら、活かして下さい。

又、皆さんにもご縁がありましたら、情報をお伝えいただいて、救われる命が救われる事にお力を貸していただきたい、と切にお願い申し上げます。

知る、ただそのことだけで救われる命、救われる人生があることもあるのです。

それこそが人生の奇跡、一期一会でしょう。

自分が宝だと思う情報は、あなたの大事な人たちにも伝えましょう。

そうして、正しい情報が伝わり、救われる命が救われるなら、我らは地に塗れても本望なのです。

悔いのない生涯を締め括る為にも、今できることはしましょう。

心からのお願いです。