抜歯即時植立、同時骨造成GBR治療を私自身は15年以上前からしています!

抜歯即時インプラントが今ブームです。

余りにも宣伝ばかりされ過ぎて、誰でもが手軽にできる手術、と言うイメージを持たれるのではないだろうか?と私は心から案じています。

最初から言い切りますが、抜歯即時インプラント手術は、かなりの応用力を必要とする手術であり、簡単なものではありません。

かく言う私は、抜歯即時インプラント治療に手を染めて15年以上になります。

それどころか、同時に骨造成GBRまでする手術を15年前からして来ています。

今日は想い出深い一番最初の実例を紹介して、その難しさとノウハウを明らかにして行きたいと思います。

私が一番最初に手掛けた抜歯即時インプラント植立、同時骨造成GBR手術は上顎の犬歯でした。

ブリッジになっていた土台の歯根が割れてしまい、残せないと言うことになって良く話し合いをしてインプラントの選択になりました。

そして、話の流れの中で、とても仕事の忙しい方なので1回の手術で出来るだけ終わらせて欲しい、と強く要望されたのです。

その当時、既に抜歯即時インプラントは何回も処置させていただいていて、良好な結果を出せていたので、私はやりましょうと引き受けました。

しかし、引き受けた後で良く良く診察すると、歯根の外側の骨が殆どないのではないか、と言うことに気が付き、患者さんに説明し無理はしないようにしたい旨を説明して、万が一の場合は同時インプラントを断念いただくようにお話しました。

ところが、患者さんはどうしてもインプラントにしたい、できるだけ自分の歯は削りたくない、とご要望でした。

それでは同時に骨を造る必要があるので、現在の(その当時)インプラント治療ではそう言う事例のお話は聞いた事がない、非常に難しく危険ですから安全策でと説明をしました。

が、患者さん自身の意志が固く、先生を信じているからやって見て欲しい、と言うことで押し切られて引き受けることになったのです。

余談ですが、どうも私はこう言う運命を持っているのか、即時荷重の最初の方と言い、この方と言い、前例を聞いたことも見た事もない治療を数々患者さんの熱意に押されてする事が多いです。

そして、手術になりました。具体的に全部を覚えている限り書きます。

今から15年前の私の実際にしていた手術を、本邦初公開で全て明らかにしてしまいます。

多分、今抜歯即時インプラントされ始めている先生方に役に立つ情報であると思います。

ブリッジの土台の歯ですので、ブリッジは外しました。

入っていたブリッジは前歯と犬歯のブリッジでしたので、側切歯の所から切り離し、犬歯の根だけを抜歯しそこにインプラントを埋入して骨造成GBRをする計画です。

15年前のことなので、歯肉に切開を入れて歯根と骨を綺麗に裸出させました。

その上で歯根を丁寧に抜歯しました。

縦に綺麗に割れていましたので、それを良く見てこじって動かしたら幸いなことに楽に抜歯できました。

抜歯した後残っている骨を診たら、頬側の骨は全くなくV字に欠損していました。

口蓋の方の骨はちゃんとした厚みがありましたので、そこに維持させてインプラントを埋入できるだろうと診ました。

骨に付着している病巣は徹底的に取り除き、骨の厚みを考えてホール形成をしなければいけません。

一番小さな長いラウンドバーを使って、真っ直ぐに骨を削って行きます。

抜歯した後の骨は斜面になっているので、ラウンドバーでないと流されてしまうからです。

これにはストローマンの(当時はITI)のロングラウンドバーが使えました。

インプラントを立てたい方向位置関係を良く考えながら形成します。

一番小さいラウンドバーをインプランターでの最高速回転にして、削って行き、バーのシャフトの部分が真っ直ぐに綺麗に出し入れできるようになるまで形成します。

そうするとシャフトの部分はインプラントドリルの一番始めのバーが上手く入りますので、それで方向を決めて掘り進んで形成します。

常に、斜面に押されてホールが斜めにならないように細心の注意を払います。

コツはバーの側面を使って削るイメージで、斜面側に押し付けて削り進める感じです。

多分今でも叱られるかと思うのですが、私はその当時から最終形成のバー以外はゆるゆるで真っ直ぐに入る状態まで削っていました。

ピッタリで削るのは最終バーだけで良い、と言う考え方は今も持っています。

ピッタリで削ろうとすればするほど、逆に難しくなる、と私は考えているのです。

御免なさいなのですが、この辺のことは実は拙著内でも触れていません。

最終バーは恩師である今間先生の教えで、決めうちをする方法、この方向であると見定めて1回だけで掘って形成するようにしなければいけません。

そうしないと逡巡していたら間違いなくゆるゆるで初期固定が甘くなるからです。

方向、深さを見定めて形成しますが、15年前なので骨を完全に見える処置をしていましたので、それに関しては意外に困りませんでした。

ホールが形成できたら、植立するのですが、それも斜面なのでかなり難しいです。

所定の方向へしっかりと固定しながら捻じ込んで埋入します。

15年前は何処まで深く入れれば良いとかの正しい答えは教えて貰えていませんでした。

ではどうしたのか?と言う答えですがストローマンのインプラントのその当時の考え方に全く反して、インプラント自体を深く埋め、ヒーリングキャップでGBRのゴアテックスの膜を止める方法を採り、歯肉がきちんと閉じれるだろう所まで入れる計算で埋めました。

使ったヒーリングキャップも厚みが3mmだったか、厚みのあるものを選択していました。

そして、V字に骨がない所とかインプラントの周囲に骨が不足している部位に関してはインプラントを掘って得た自家骨とHAハイドロキシアパタイトを混ぜて充填し、ヒーリングキャップにゴアの膜を止めて覆いました。

後は歯肉を閉じる縫合です。

実は私はその当時減張切開を使いこなしておらず、どうしたかと言うと歯茎をできる限り大きく深く開いて引っ張って来る、と言うことをしていました。

更には、抜歯した後の穴が綺麗に閉じるように半円形同士を上手に組み合わせて上げるようにして縫う工夫をしていました。

そうして、全部を閉じて歯肉の下に埋まるように手術をしていました。

この方法が上手く行くと、時間経過と供にインプラントの上の部分が出て来て、ゴアの膜を取り除く4~6週間後の2次手術がとても楽だったからです。

その当時のことなので、骨に対してデコルチケーションも全くしていませんでした。

15年前では、誰も教えてくれるような内容ではなかったので、自分で考え出して、何とか解決を図ろうとしてやった方法です。

幸いにことに、第1症例のこの方の手術は無事に成功しました。

ゴアの膜は6週間後に取り除き、インプラントが頭を出していたので、あっけないくらいやり易かったです。

ヒーリングキャップを外して、膜を摑んで引っ張り出し、引っ掛かっている部位に関してだけ探針とかの器具で剥がす、と言う操作をしていました。

ゴアの膜は切れないのでこう言う方法でも大丈夫だろうと踏んでのことで、見事に当たりました。

後は又同じヒーリングキャップをして終りです。

治癒と供に少し収縮しますので、段々ヒーリングキャップが突き出ている感じになり、操作がし易くなるのです。

その当時のストローマンインプラントは上顎では4ヶ月以上待つこと、となっていましたので、充分に待ってからソリッドヘッドアバットメントを締結し仮歯を製作しました。

やはり、今では叱られるかと思いますが、前歯の天然歯と繋いで治すと言うことを患者さんが希望していたので、ブリッジの製作をして、最終的なセラミックのブリッジを接着剤の強力なもので付けて終了させました。

その後、メインテナンスで勤務先を止めるまで経過を見させていただいていましたが、大きなトラブルはなく過ごされているようでした。

今では離れてしまっているので、どうされているのか分りません。

今でしたら、犬歯だけの支えで側切歯まで作ってしっかりと付ける方法で治すだろう、と思います。

因みに、使用したインプラントは14mmの通常サイズのインプラントです。

これでないと、歯を抜いた後残っている骨で維持できないだろう、と読んでのことです。

今思い出しても、怖い治療を良くぞ成功させたなー、と思いますが、こうして無事抜歯即時インプラントと同時の骨造成GBRを成し遂げたのです。

抜歯即時インプラントだけでも15年以上の経験、即時荷重インプラント同時骨造成GBRでは10年以上、更にはMI超低侵襲外科処置によるインプラントでも7年以上の経験を持って私はやって来ています。

経験値、長く関わって来たからこそ見えること、知っていることでは国内随一である、と言えます。

”真実の”と私は銘打つのは、自分自身の経験から身を切って学んだ嘘偽り、造り騙りのない情報だからです。

何処にもない最新最善のインプラント治療を切り開きながら、患者さんに提供できた自信から、以上の事を言い切れるのです。

本当の本物のインプラント治療を提供する、それが使命であり、患者さんへのお約束です。

他で不可能と言われても全く気にしないで下さい。

解決できる可能性は誰にも否定出来ないのです。

夢を叶えたい患者さんのお手伝いを全力を尽くしています!

お問合せは03-3775-0044まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です