インプラントの手術1回法、2回法の違い。世界情勢。

インプラント手術には1回法と2回法があります。

これはどう違うかと言うと、手術が1回で済むか2回必要かの違いです。

1回法は手術が終わった時点で始めから歯肉にチタン製のインプラントが出ていて、傷が治り骨とインプラントがくっ付いたら、それで型を取って歯が出来てきます。

2回法は手術が終わった時点では歯肉が全て上を覆っていてインプラントは見えません。

骨とインプラントがくっ付いた頃にもう一度手術して歯肉からインプラントの最上部を頭出しします。

 最初の頃は2回法が絶対と主張されていましたが、現在では1回法が優勢で止むを得ない時だけ2回にする事が世界レベルです。

この止むを得ない時と言うのは骨の量等に問題があり、骨を再生増生したい時が主でしょう。

世界情勢は治療期間短縮の為に即時で治す事と、今回お話した様に骨や歯肉を再生増生させ治す事、前歯部の審美的な治療の事が3大柱です。

国内だけでは新しい情報に1歩遅れを取ります。それは、患者さんが救われない事を意味しますから、注意が必要です。

 私のお勧めは1回で歯が入り骨や歯肉も再生させられる事です。 その為には基本的に1回法でないと不可能です。

ここら辺から探すのが良いでしょう。

詳しくはhttp://www.km-implantcenter-matsumotoshika.com/まで

天地神明に誓って、患者さんの為に世の為人の為に、私は信じるものを情報開示して行きます。

このブログがあなたのお役に立てれば何よりも幸いです。

 KMインプラントセンター松元教貢歯科医院は、歯科医向け専門書を出版している医院であり、あなたの夢を叶える為に全力を尽くします。

 ご予約、お問合せは03-3777-0044、又は kmdental21_genmatsumoto@yahoo.co.jp までお願いします。

 繰り返しますが、患者さん向けにネットに書けない本音のインプラントの話、「これを読まないうちにインプラント治療は受けないで下さい」、無料特別レポートを書きました。

ご希望の方はメール、もしくは03-3775-0044まで氏名、年齢、郵便番号、住所を書き添えてご連絡下さい。

抗癌延命治療をご希望の方は、梅屋敷にある父の松元クリニック http://www.kusuri-kensacenter-japan.com/lhl/clinic/clinic.html へ是非ご相談下さい。

大変効果があります。

 自然なお産を希望されている方は、バースハーモニー http://www.birth-harmony.com/ へ是非ご相談下さい。

素晴らしい先生です。

素晴らしい医療機関との巡り会いは、一期一会の奇跡です。

個人的責任で、素晴らしい所は紹介致します。

ご縁がありましたら、活かして下さい。

又、皆さんにもご縁がありましたら、情報をお伝えいただいて、救われる命が救われる事にお力を貸していただきたい、と切にお願い申し上げます。

知る、ただそのことだけで救われる命、救われる人生があることもあるのです。

それこそが人生の奇跡、一期一会でしょう。

自分が宝だと思う情報は、あなたの大事な人たちにも伝えましょう。 そうして、正しい情報が伝わり、救われる命が救われるなら、我らは地に塗れても本望なのです。

悔いのない生涯を締め括る為にも、今できることはしましょう。

心からのお願いです。

同業の先生方へ IDEAジャパニーズセミナー即時インプラントの全て、8月18~20日サンフランシスコで開催します。

若干名まだ席がありますので、ご希望の方は kmdental21_genmatsumoto@yahoo.co.jp までご連絡下さい。